手術当日(1月21日)

朝になると頭痛も治り、もう諦めの境地で不安もなし。

歩いて手術室に入ると医師2名と助手が3名。

氏名と手術する部位を伝えた後、ベッドの上に。

 

まず、問題の肺の水。

部分麻酔で抜かれる覚悟をしていたのだが、

エコーで見たところ、寝たままの状態でも抜けることが判明。

めでたく手術中に全身麻酔の中、意識がない状態で抜いてもらうことに。

 

しばらくドクターの声が聞こえていたが、あっという間に意識がなくなり、

次に目覚めた時は手術は終わっていた。